Top >  その他、住まい・部屋掃除 >  隙間の掃除

スポンサードリンク

隙間の掃除

手や掃除機の先の届かない家具と壁や床の隙間、どうやって掃除していますか?
無理やり掃除機のアタッチメントを突っ込んで壁や家具を傷つけてしまっては大変です。その場合は針金ハンガーをばらして先にいらなくなったTシャツのはぎれなどを巻きつけて水で少々濡らして隙間に突っ込んで拭き取ります。長いあいだ掃除をしていないと結構な量の綿埃がとれて面白いです。

同様にしてピアノの後ろや下、タンスの後ろ、テレビラックの後ろ、ソファの後ろや下など、今まで手が届かなくて掃除ができなかったところを探して綺麗にしてしまいましょう。ソファの下は針金ハンガーそのままに布を巻きつけて掃除したほうが効率的です。一々ソファを動かさなくても掃除ができるし、長電話をしながらでも綺麗にできてお勧めです。電話をしながら簡単な掃除をするのは時間の無駄を減らせます。が、長電話しすぎて電話代がかさまないよう注意しないといけないですね。


スポンサードリンク

 <  前の記事 掃除と風水  |  トップページ  |  次の記事 トイレ掃除で開運  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/304

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「掃除が楽しくなる、掃除のコツ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト