Top >  エアコン・換気扇掃除 >  レンジフードや換気扇の掃除

スポンサードリンク

レンジフードや換気扇の掃除

普段は週に1度金属フィルターを外して丸洗い、又は綿状の替えフィルターを適切な時期に新しく取りかえる程度で綺麗に保てます。あとはフードカバー表面を水気を固く絞った雑巾で洗剤拭きして、水拭き、乾拭きで綺麗にします。

落とすのに最適なお湯の温度は40〜50度、大きめなたらいなどににお湯を入れて、つけ置き用マジックリンなどを注ぎ、油汚れがこびりついている場合は台所用洗剤も少し混ぜてかき混ぜます。その中に外した部品を全部浸かるほど入れて、30分から1時間ほどそのまま浸けて置いて汚れを浮かしてからスポンジなどで綺麗にします。

その後水気をよくふき取って掃除終了です。

あらかじめ目立つ汚れは硬いナイフやいらなくなった定規などでこそぎおとしておくと掃除がらくです。あまり熱すぎる熱湯や長時間の漬けすぎは、素材の塗装がはげることもありますので気をつけましょう。

またモーター部分は水に弱く故障の原因になりますので水をかけないよう注意しましょう。モーター部分は電源を切ってから、洗剤を少量つけた雑巾やスポンジなどで拭き取ります。


スポンサードリンク

 <  前の記事 お風呂の掃除とカビ対策  |  トップページ  |  次の記事 押入れの掃除  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://southern.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/310

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         
このページについて

このページは「掃除が楽しくなる、掃除のコツ」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。

更新履歴

お薦めサイト